読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

saw_freakのブログ

買ったものやその他について書きます

MyBoom!! (Vol.2) お疲れ様でした

こんにちは。

saw_freakです。

 

先日のMy Boom!! (Vol.2)お疲れ様でした。

最近わたしのマイブームとなっていたLiquid Funkでプレイさせていただきました。

とても楽しかったです。

箱で聴くリキッドファンクは格別ですね。

 

さて今回の記事では、My Boom!! (Vol.2)で使用した楽曲について、つたない文章ではございますがひとつずつ解説を書いていこうと思います。

再現ミックスはこちらです。

SoundCloudとMixcloud両方上げましたので、お好きなサービスで聴いてください(内容はまったく同じです)。

 

SoundCloud

・Mixcloud

 

では解説に入ります。

 

 

1. Velocity - Disconnected

 

Sheer Velocity RecordingsよりHuman Elements所属の日本人アーティスト、Velocityの楽曲です。

今回のセットでは少しずつ盛り上がるような感じにしたかったため、最初はダークなジャングルにしました。

ストリングスから始まるダークで重厚なイントロは非常に個性的です。

 

 

2. Krakota - Block Breaker

 

Hospital Recordsのコンピレーション・アルバム「Fast Jungle Music」より、Krakotaのジャングルです。

ビルドアップでエレピが入っているので、リキッドファンクかと思いきやドロップでアーメン祭り。

ダークなジャングル、dominaで聴くとめちゃ気持ちいいです。

 

 

3. Rowpieces - Cosmic Funk

 

Influenza MediaからリリースされているRowpiecesのリキッドファンクです。

リキッドファンクでは珍しいかなりディープでダークな曲調となっています。

今回はジャングルからリキッドファンクへの転換曲として使用しました。

渋いです。

 

 

5. Sinistarr & Kiat - Black Diamonds

 

Hospitalのコンピレーション・アルバム、「Fast Soul Music」より。

この当たりからチルい雰囲気にしていきました。

非常に都会的で気持ち良いサウンドです。

夜に聴きたい曲ですね。

Fast Soul Music収録曲でも3本の指に入るくらい好きな曲です。

 

 

6. Enea - Nightwalk

 

Eneaのアルバム、「Nightwalk」の表題曲です。

Liquid FunkというよりLiquid Drum'n'bass寄りのサウンドです(そもそもLiquid Funkの定義が曖昧でLiquid DnBとの違いがイマイチよくわかってないです)。

チルい(語彙不足)。

同アルバムに収録されているArionという曲もおすすめです。

 

 

7. Intelligent Manners feat. Nuage - Ball & Chain

ロシアのLiquid Funkメーカー、Intelligent Mannersのアルバムから。

Intelligent Mannersはかなりお気に入りのアーティストなので使いました。

ブレイクビーツの主張少なめのしっとり系です。

同アルバムに収録されているMidnight Runaway、W10 Recordsからリリースされている変速Liquid Funk、Enough Is Enoughもおすすめです。

 

 

8. Staytment - The Longing

UKのドラムンベースレーベル、Shaolin Audioから。

Shogun AudioといいShaolin Audioといい、UKのドラムンベースレーベルはアジアが好きなんでしょうか。

ここからすこしさわやかなリキッドファンクにシフトしました。

珍しくキック強めです。

 

 

9. A-Sides & Makoto - Searchin'

Human ElementsよりA-SidesとMakotoの合作曲。

アコギが最高にエモいです。

スピード感がすこし抑えられていてリラックスして聴けるLiquid Funkです。

 

 

10. Skeletone & Silence Groove - Still A Friend

Celsius Recordingsはリキッドファンクが少なめなイメージなんですが、これは気持ちいいリキッドファンクです。

ボーカルがキャッチーで覚えやすいです。

この曲が収録されているShowtime EPは名盤なので是非買ってください。

 

 

11. J:Logic - Disco Night

ここからソウルフルな、アンセム系正統派のLiquid Funkをかけていきました。

Ledge Sounds主催のリキッドファンクコンピレーション、Soul Matters Part 2からの一曲。

これがフリーで聴けるのが本当に素晴らしいです。

 

 

12. London Elektricity - The Great Drum & Bass Swindle (Logistics Remix)

言わずと知れたLondon Elektricityのアンセム、The Great Drum & Bass Swindleのリミックスです。

ブレイクでジェット機のエンジン音が入るのが最高です。

この曲が収録されているWeapons Of Mass Creation 3は個人的名盤です。

ぜひ買ってください。

リリースされてかなり時間が経っているので安いですよ。

 

 

13. Jamiroquai - Space Cowboy (Makoto Dnb Edit)

なんとフリー!

ソウルフルなLiquid Funkです。

Makoto節全開のエディットとなっています。

原曲はもっとスピーディーなんですね。

 

 

14. Nu:Tone - Jet Stream feat. Talc

おそらくリキッドファンク好きで知らない人はいないというレベルの一曲。

Nu:Toneが大好きになったきっかけの一曲です。

めちゃめちゃオシャレでキャッチーでノリやすい!!

超々どアンセム

こういうタイプの曲もまた書いて欲しいですね……。

 

15. Metrik - Chasing Sunrise (feat. Elisabeth Troy)

ムンベオタクダッシュが発生した一曲。

かつ音を止めてしまった曲…。

UKのドラムンベースクリエイターMetrikの曲です。

Metrikはリードが非常に特徴的ですね(2:58~)。

Metrikは比較的オーソドックスなドンツー系ムンベを書いている印象が強いのでこれを最初に聞いたときはびっくりしました。

Freefallに並ぶMetrikのどアンセムだと思います。

 

16. Danny Byrd feat. Liquid - Sweet Harmony

ラストはDanny Byrdの一曲。

保守的なレイブ音楽の影響をつよく受けている(らしい)ので、UKハードコアと組み合わせて使えそうです。

ストリングスとピアノが最高。

この曲が収録されているアルバム、「Rave Digger」ではRave Breaksが入っていたりとにかくオールドスクール色強いです。

 

 

以上がぼくのかけた曲でした。

つたない文章でしたが楽しんでいただけましたでしょうか。

またマイブーム出たいです。